睡眠の質を下げない為にも満腹で寝るのは避けた方が良いです。

睡眠の質を下げない為にも満腹で寝るのは避けた方が良いです。

 

睡眠の質を下げない為にも満腹で寝るのは避けた方が良いです。満腹になると強

 

い眠気が襲ってきますので一見睡眠に良さそうですが、実はそのまま寝ても質の

 

高い睡眠は出来ません。

 

理由は非常に簡単です。体が休まらないからです。寝ているのに体が休まらない

 

というのもおかしいと思う人も多いかも知れませんが、私たちは寝ている間も体

 

の中は働き続けています。生命活動を維持する為には当たり前ですよね。それが

 

フル稼働してしまっては起きている時同様体が働いていることになりますので体

 

が休まらないのです。

 

満腹の場合は消化作業がこれにあたります。消化は数時間かかるのが普通ですの

 

で、満腹のまま寝てしまっては睡眠時間が数時間短くなるのと同じと言えます。

 

さらに寝付いてから最初の数時間は睡眠の質を上げる為にとても重要な時間です

 

。それを消化で台無しにしてしまいますので出来れば満腹で寝るのは避けて下さ

 

い。一般的には就寝三時間前までに食事は済ませておくと良いと言われています

 

。寝る前に何かを食べないとどうしても眠れない、そんな人は消化しやすいもの

 

を食べるようにして下さい。

 

これは食事だけの話ではなく、アルコールなども一緒です。ですので、アルコー

 

ルも寝る直前に飲むのは控えた方が良いです。